2017年10月14日土曜日

競技会

岐阜アジリティ競技会に参加してきました。
もろもろの理由から、今季の唯一の競技会です。

*JP
コースを見て愕然。
なんだ?このコース?ほんとに一度?
走行距離も長いし、犬に附ききりで走らないといけないところが多くて
検分ですでに気分が悪くなるぐらい。
「これ、ゴールしたら、お肉かってあげる」と言ったのが聞こえたのか
イオス、奇跡といっていいゴール。
スタートは集中できず、きょろきょろしたので、きちんと母の目をみるまで
リードを外さず、やっと見たところでリードを外す。
当然、離れるなんてできないからほぼ真横からスタート。
余計に走るはめになる。
しかし・・
スラロームをノーミスで通過。
最後から三本目の90度の角度で入らないといけないハードルで拒絶を取られた。
タイムは制限タイム57秒にぎりぎりの55秒89。
なんとCR2匹
1フォルトもしくは1拒絶が3匹。
というわけで、イオス5位でした。
4位のボーダーくんとのタイム差は10秒22。
6位のボーダーくんは1フォルト+1拒絶だったけどタイムは36秒35。
正確さが優先されるルールに救われました。
まさかスラロームが成功するとは思わなかった母、出来た瞬間、緊張が増しました。
足が震えて、トンネルのあとの「ジャンプ」のコマンドが一瞬おくれ
イオスが迷ったので拒絶をとられました。
コマンドを出す位置も悪かったみたいです。
ハードルの左からだしたのですが、トンネルから出てくるのはわかってるから
そのままハードルの右側まで走りイオスに自然にハードルを見せればよかった。とのこと。
 *AG
JPより簡単かな?
でも180度Uターンの箇所が多く、ブリッジ⇒ロングジャンプはほぼ助走なし。
トンネルの入り口が犬には見えないとか・・・
「ハウス」のコマンドが弱くて、イオスがトンネルに入らずついてきた。
イオスがきちんとコマンドで動いてる証拠。
母が息切れしてきちんと言えなかったのが悪い。
スラローム、鬼門の最後から3本目が抜けた。。。
母の「スラ!」の掛け声がここも遅れた。。
スラロームが抜けたら、自主的に戻ってやり直そうとするイオス。
健気・・?
やり直しはしないと決めていたので、そのまま続行。
はい、失格です。
でも、きちんとコマンドを最後まで聞いて集中力を切らさなかったからOKです。

おリボンはCRじゃないのにもらっていいのかだけど、
拒絶は迷ったからで拒否したわけじゃないから、イオスはノーミスです。
コマンドがまずかっただけ。
だから、お肉を買ってきまーす。

もう少しスラロームのリズムがきちんと体に刻めたら大丈夫。
集中させることに失敗しないよう、イオスを注意深く見れたら大丈夫。
そんな気がしてきました。

帯同して場慣らし訓練のソフィア。
ほぼ、車載待機で一日中犬の鳴き声や会場音声にさらされ精神的疲労でぐったり。
でも、訓練試験の練習を会場でちゃんとできたから、すごく頑張ったと思う。



2017年10月12日木曜日

イオス&ソフィア 2017/10/12

「どうか持ちますように」と祈りながら、レッスンにGO。
 
イオス
*ブリッジを降りて、そのまま直進、180度回って、トンネル。
トンネルの入り口までついていかずに、コマンドだけでトンネルに入れるか?
入れば次のハードルをエアプレーンで。
トンネルの真ん中ぐらいの位置でとまって「ハウス」のコマンドを掛けると
コマンドを掛けた位置でUターン、トンネルにぶつかりそうになりトンネルを飛び越した。
「もう少しさきまでコマンドをかけるのを待ったらできますか」と聞いたら
「ムリかな。入口までついて行って、トンネルの次のハードルはリアの方がいい。
イオスはリアできるから」とのこと。
*スラローム
ガードを足元まで下げて挑戦。
コースを3回走って、ミスなし。
母が途中でかける「スラ」のコマンドが遅れなかったのがよかったかな。
最後まで気を抜かないこと。
*Aフレーム
登らせたあとAから離れて走るので不安だったが、きちんと頂上まで登らせてから
走っても間に合うので、降りはじめてから離れる。

ソフィア
*試験形式で練習
脚側 試験レベルなら大丈夫。
注意が逸れそうになった場合は注意を引いてでも完走。
*行進中の伏臥・停座
手符を使ってもいいので、確実に。
停座も伏せも、歩きながら考えてそうそうみたな座り方。
練習も手符を使っていいので、反応の速さを求める。
*伏臥⇒停座⇒立止⇒停座
立止は手符がないとフラフラっと後足が動いて斜めにたつ。
手符があっても、きちんと立つ方が減点が少ないから手符を入れて練習。
*遠隔の伏臥
概ね大丈夫。
*遠隔の据座
顔があっちこっちむくも動かず。
動かないから試験としては大丈夫
*お手・おかわり
反応を早くするために、お手⇒おかわり⇒お手⇒おかわり というように
連続して実施する

試験は11月中で日程を調整して、受験予定。
受かるかな~。
問合せをした実施先のドックスクールの先生は「すべる犬なんていない」
ほんとか?

2017年10月10日火曜日

ソフィアはリリーの後釜として素質充分です。

ちょうどいい高さとクッションのまくらね。と思ったのかどうか
イオスのお尻をまくらによだれがでそうなぐらい熟睡するソフィア。
そして、そんな妹に文句のひとつも言わないイオス。


ん~~なに?
なんか言ったぁ。

母のひざをまくらに、イオスをソファ代わりに寝るソフィア。


ちょっと冷え込んだ先週の夜。
ねこ団子ならぬ犬団子を楽しみました。


兄を平気でソファや枕に擦るイモウト。
「大奥総取締役」リリー様も天国から「跡目」として充分と認めてるような気がする。

2017年10月5日木曜日

イオス&ソフィア 2017/10/05

湧いてくる仕事を強引にぶっちぎりレッスンに行って来ました。
日暮れがはやくなるこの時季、5時過ぎのレッスンはおひとり様だなぁ~って思ってたら
イオスが終わる頃に仲間が増えて賑やか。
雑談、楽しかった。。。
の勢いに乗って、聞きたかったことを先生にいろいろ確認できた。

イオス
コースの取り方はOK。
*180度Uターンさせるところは、慌てて先に行くと、注意がそれるので
しっかり呼んで、一緒にUターンする。
*問題のスラローム
ハンドラーの出したいスピードじゃなくてイオスが出しているスピードに合わせる。
最後の2本はきちんと声をかけて、リズムを崩さないように注意。
早く終わりたいと焦ったり、つぎの障害に意識をもっていったりしない。
ガード付きながら、ミスなし。
単独練習もミスなし。
ガードの位置を低くして成功したぶん、進歩。
*スラローム練習中にリンクそばの道を散歩するわんこ発見。
吠えかかるべく走って行ったが「いけない」の叫び声で止まって振り向く。
「こい」を振り切りかけたので「いけない」と叫ぶと、迷った末に戻ってきた。
ほっとして褒め忘れ。きちんと褒めること。

練習だといい感じなんだけどなぁ。
本番だと、母の緊張感もMAXだからなぁ。
イオスは大型犬のなかでも大きいから、余分に気を使うし。
そういった緊張感が悪い方にイオスをひっぱってるのかなぁ。
スクール程度にリラックスしたら、ちゃんとできるのかなぁ。
でも、それはそれで、怖いんだよなぁ。。。

ソフィア
試験形式で練習
①紐付脚側・紐なし脚側
 ターンで膨らんでしまうが、ついてこようとするから小回りできるように練習?
 紐なしの速歩は先に行きがち。
 途中で名前を呼んで注意を引きつづけないと離れるので、注意力継続が課題。 
 試験のときは2声符取られても離されない方がいいのか?
②伏臥・停座・立止
 やっぱり「たて」は大問題。
 前足を伸ばして立つのはいいけど、そのままふらふら~~と歩く。
 歩くのがちょっとマシになった今回だが、
 立止⇒停座で褒めたりオヤツをあげていたので、セットで覚えてて
 自分の判断で停座までサクサク進めてしまう。
 ハンドラー=母のコマンドがあるまでは次の動作をしてはいけないと覚えさせる。
 勝手に座った場合は褒めないで、すぐに脇に手を入れて立たせる。
 立止で一度、オヤツをあげて、別々のものと教える。
 オヤツや手で誘導した場合は立った瞬間に隠す。
 イオス式=後ろ足を跳ね上げる立ち方の方が動かないんだろうけど修正するか悩む。
 
③行進中の停座・伏臥
 やることは分かっているけどコマンドに対する反応が遅い。
 先生からは焦ってコマンドを繰り返さないように注意。
④選択3課目
 遠隔の伏臥 試験対応としては大丈夫。
 据座 試験対応としては大丈夫
  いずれも離れるときの「待て」のコマンドはしっかりかけること。
 おて・おかわり おかわりをしっかり教える。
  おかわりが終わったあと、ソフィアを自分の横につけて、一緒に元の位置に戻る。
  この手順を忘れない。
  すべての動作を試験員の指示の後に行うこと。




   

 先生曰く、上に動く動作は犬にとっては負担が大きい動きだから苦手なもの。
 立止が苦手なのもそーゆーことなんだろうなぁ。
 
 伏臥の時に母がソフィアに被るクセがあり、
 それがソフィアにとってコマンドになっているので直すこと。



2017年10月2日月曜日

女王様体質?

日曜日の昼下がりのお昼寝。
ソファの上で、当たり前のように、クッション2つ使いで優雅に横たわるお嬢様。



以前はイオスの指定席だったのに・・・
もはや、ソフィアに抗議もしないで、床にのびるイオス。
イオス、そこは、いちばん日当たりがいいから、秋の気配がする今日は気持ちいいよ。
たぶん。



おまけ。
ソファに寝れたのにずり落ちる・・

イオスのにくきゅう♡





2017年9月28日木曜日

ソフィア&イオス 2017/9/28

イオスが調子がよければ、ソフィアがよくない・・・。

イオス
スラロームをやり直すこと5-6回。
ガードもついているのに・・・・
出口手前2本目といういつもの場所だったり
入口から3-4本目だったり。
なんとか通って、ゴールまでは1か所、母が間違えた以外は
コースの指示の仕方やイオスの動きに問題はない。
とのことで、スラロームのみを繰り返し往復する。
今日はイオスのスラロームのスピードが早い。
足の運びをみていると、左右の足を上手く交差させてリズムよく体をくねらせていく。
上手くなったなぁと思う。
思うのだが、最後から2本目が抜けてしまう。
「出口の手前で、慌てないでしっかり最後まで誘導する。」
母が早く終わりたいという気持ちがでて、わずかだけど、母の足の運びが速くなる。
今日、始めて自分で自覚できた。
イオスの速さを注意して、先には行かず、横について、
危ないところは鼻先に手を見せて強めに「スラ」の声をかける。
なんとなく、コツが掴めたような気がするけど、
イオスが今日は集中できていたので、普通にできるというところまで練習しなくては。

やっぱりスラローム12本ほしいなぁ。

ソフィア
今日も生徒さんが沢山いたので、いっぱい構ってもらった。
人見知りを溶くのが、ちょっと早くなったかな。
おやつ、いっぱいもらったし。
アジリティをするわんこも見てはいたけど、飽きたみたいで膝にのってきたり
リラックスして過ごせた。
で~~~~~肝心の訓練。
今日はギャラリーがいなかったからか、集中力がいまいち。
あげくに、いつもより長い練習にいやになって、逃走を繰り返す。
今日から試験仕様の練習。

①コの字行進 紐あり。紐なし。
 帰路の右回りがちょっと離れるので、その場合はコーナーでくるっと回って
 ソフィアの意識を戻す。
 紐なしは思ったより、ちゃんとついて歩けたけど
 ソフィアが先に行ってしまいがちなので、離れかけで声をかけて注意。
②臥せ⇒座れ⇒立て⇒座れ。
 立てで体が動いたり、座れのコマンド前に座ったり。
 立てはとりあえず座らないようにするのを先に修正。
 練習あるのみ。
 臥せでかぶり気味になるのは、とりあえず放置。
 コマンドを言う時に母がソフィアに覆いかぶさるので、やらないように。
 圧力をかけてしまうと臥せてしまう。
③招呼
 真正面に来ない場合は1歩下がって正面にくるまで繰り返す。
④自由課目の選択
 *遠隔の臥せ
 *遠隔の停座
 *廻れ
 *おて・お座り
 *据座
 このあたりを練習してますっていうことでお披露目。
 廻れは3回繰り返す途中で逃走。
 遠隔の停座は出来なかった~~
 ということで、
 *遠隔臥せ
 *据座
 *おてお座り
 に決定。。。
競技会仕様にブラッシュアップしていくことに。
 
受験の基本
付けで脚側停座に戻すこと。
審査員の「はいどうぞ」という合図まで次の動作をしない。
 ⇒ソフィアも指示の先読みをしないように、先読みした場合は「いけない」と注意。

受験するスクールに連絡して、試験日程を確認すること。

年内か悪くても年明けには・・
先生曰く「認定試験だから、こんなもんでなんとかなるでしょ」
こんなもん・・が少しはマシな感じで受かりたいので、
コツコツ練習することにする。。
 

2017年9月24日日曜日

久しぶりのホームグランド(ラン)

イオスのホームドックラン、フォレさんに行ってきました。
ママさんに「行くよ~」ってLINEしたので、小型犬チームを大きいランに寄せて
小さいランをグレートデンとイオス&ソフィアに空けてくれた。
こむぎちゃんとは挨拶したら、気まぐれに走るぐらいでお互い平和に無視しあう。
イオス達以上に珍しい、初めての犬種「カタビュラン」だったと思う・・・。
始めて会った母にそっこーでお腹を見せた平和主義者。
この子と遊びたくて誘うソフィアなんだけど、追いかけっこは嫌みたいで
ベンチの下でひたすら穴掘り。
でもソフィアが離れて遊びだすと出てきて、寄ってきたり。。
まぁ、平和にそばにいれるからいいんじゃないかな。
狭い方のランでも兄妹が走る。。。

5時近くになると、小型犬の皆様は帰りはじめ、常連の小型犬さんだけになったところで
「大きい子たちと交代するよ?」のありがたいお申し出。
ダルメメシアン・カタビュラン?・デン*2・イオス・ソフィア・ボーダーで占有。
幼稚園組がダルメシアン・カタビュラン・ソフィア。

遊ぶ遊ぶ・・・

ソフィアが先導して、爆走するんだけど、そこでデンの1歳児が参戦して爆走。
幼稚園組の他の子は5mぐらいでやめちゃうってもデンは最後まで付き合ってくれた。
ぶつかったら、人間はけがするぞな勢いなので片隅に避難する。
イオスも幼稚園組に入りたいんだけど、、、入れてもらえないというか無視される。
爆走しだすとタイミングを見て入り込む。
そして、羊役のソフィアを他の子が最後まで追い詰めないのに
兄・イオスはチャーーーンスとばかりにひっくり返すまで隅に追い込む。
家では強気な妹にやられっぱなしだもんね。

video



6時ぐらいまで2時間以上遊び倒し、オヤツも買って帰宅。
帰りの車のなかはしずか~~。
帰宅後、ソフィアはシャンプーもしたので、いつになく平和な夜だった。

2017年9月21日木曜日

イオス&ソフィア 2017/9/21

練習会後、初のレッスン。
スラロームが出来ないことで、集中力が切れてリンクの外の犬に反応。
スラロームをなんとかしないと。

コース走行1回目
スラロームに入らず。
明らかにスラロームめんどくさ・・・という感じで出てくる。
先生から「きちんと叱っていい」
集中して入ったときも最後から2本目を飛ばす。
練習会とまったく同じ。
コースを走る途中でスラロームだけ練習させてもらう。
「最後まで丁寧に誘導すること。気を(ハンドラー)が抜かない」
スピードが出たり出なかったりのイオスを一定のリズムで誘導したほうがいいと思って
「どんなスピードで誘導したらいいのかわからない」と聞くと
「イオスのスピードに合わせればいい」
そして、体の向きと足の向きを前にむけること。
イオスに向くとイオスは母に向かってくるので、スラロームを抜けてしまう。
やっぱりスラロームって数を練習しないとダメな気がする。
それもちゃんと10本で。
これから、レッスンでコースの走行中にスラロームだけ繰り返すようにしようかな。

ソフィア
本日はギャラリー数名。
①集中させるために、2歩歩いて止まる。
ソフィアが気がついて座ればよし、座らなければちょっとリードをひいて、座らせる。
歩く歩数を3歩⇒5歩と増やして往復。
このあたりから集中できてきた。
ギャラリーの前で褒めたことで、自信がある態度になる。
②座れ⇒臥せ⇒座れ⇒立て⇒座れ
先生が「はい」と言ってから次の動作のコマンドをかける
立てがゆがんだけど、立ての姿勢をキープできた。
③常歩行進中の停座・臥せ
停座・・ピシっと座れた。家練で一度もできなかったのに、数回繰り返すもノーミス。
臥せ・・2声符で臥せる。
    声符を繰り返すときは続けない。
③招呼 母の後ろにギャラリーがいると、正面停座ができず、斜めに座ったり
    いきなり脚側停座になる。
    距離を短くして、正面に座るまで、後ろへさがる。
全体的に実力以上というか・・いつもよりよかった。。
ギャラリーがいると、いいところを見せよう!とするのか?
どんな理由でも人がいるなかで集中できるのはありがたい。

行進中の停座も2ヶ月かけたけど、なんとか形になる希望が見えた。
競技会に出してみて、どこまで集中できるか見たい気もする・・・。


2017年9月18日月曜日

きょうのおやつと梅酢

久しぶりに近所のお豆腐屋さんに午前中に行けて、
「朝しぼりたての豆乳」が手に入ったので、おやつは豆乳。
ほんのり甘く手美味しいんだよね~~~。
イオスもソフィアも大好物。


おからも、もちろん購入。
豆乳もおからも二匹とも大好き。

人間の方は木綿豆腐を2丁とがんも。
このお店の木綿豆腐はふるふるで絹ごしみたいで美味しい。
もちろん、湯豆腐さ。
で・・その時には「梅しょうゆ」をお試し。
梅をお醤油につけただけなんだけど、梅酢がお醤油にまざって
ポン酢の梅酢版みたいな。
レタスしゃぶしゃぶや湯豆腐以外にも、いろいろ使えて使い勝手がいい。

果肉も叩いて、赤玉ねぎを付けこんだものは2-3日はもつので、
和える野菜を変えれば、すぐに1品できていい。
ゆでたレンコンに梅しょうゆをかければ、酢のものかわり。
酢の物かわりにする具材を変えれば、こちらもすぐに1品がいろいろできそう。


来年はもう少し沢山つくろう。

2017年9月14日木曜日

うちの子修行

うちの子になったソフィアには修行せねばならぬことがある。
頭になんかのっけられても、首になんかつけられても、
「まて」ってお母さんが笑顔で言ったら、カメラ目線でにっこり笑う。こと。

そろそろ修行してもらいましょう。
ソフィアは「待て」はできる。
ただ、なんかをのっけてそのままの姿勢を保つことができない。
そもそも、頭になんかのっけたら、即刻、首を振って落としてしまう。

まずは頭になんか乗っけるとこから。
おあつらえ向きに、イオスの練習会でもらった参加賞(といか参加者のしるし?)
アイドルばりのヘッドドレスみたいではないですか。
貴婦人のヘッドドレス風もいけるかも。
でも斜めにつけるのはハードル高いから、まずは真ん中。
う~~ん、かっぱのサラみたいに見えなくもない・・
頑張って、ちょっとだけずらしてみる。
一瞬だけしかじっとしてないので
まっすぐに顔が向くように視線をむけるために口にご褒美咥えながら
「まて!」「待て!」と言い続け
右手を飾りから離した瞬間から、スマホを連写。

なんとか撮れたけど、もっと落ち着いて撮れるぐらいにはじっとできないとね。
それと~~えがお・・・。


おまけ。
スラロームができてる風なイオス。




2017年9月10日日曜日

練習会

JP
スラロームの最後の1本までいい感じだった。
そこまでは、最高の出来と言っていい。
沢山の犬がひっかかったトラップもすんなり通過。
スラを抜けたら・・大好きで絶対と言っていいほど拒否しないトンネルが目の前。
トンネルからは直線でハードル3こ。
が・・最後のポール1本だ抜けた。
MCが「抜けた?抜けたのか?」って言うから、もしかして見間違い?って思ったけど
抜けたと思う。
そのまま、続けれてもよかったけど
スラロームはきちんとやろうと思って、戻した。
イオスもそこまでノーミスなのはわかってるからノリノリだったのを
止められて、集中が切れたらしい。
戻った時に見えたリンク脇の犬に突っ込んでいきました。
すぐに戻ってきたけどさ。。。
スラロームは入れ直そうとしても最初に1本入ったらでてくるを2回繰り返して失格。
時間切れまで、スラロームやらせたんだけど。。。
それからは何度やり直してもスラロームに入ろうとせず、
入っても、すぐにやめて出てきたりとか・・

母も初心者のようなミスをする。
イオスのリードをいつものアジ用リードに替えずにいて、スタートで焦る。
首にタオルをかけたままだったので、待機位置でとろうと思っていて忘れる。
走り出してタオルに気が付いた。
タオルをつけたまま走ればいいのに、焦って、手に取ってしまった。
手に何かを持って走る時点で失格さ。
それに気が付かず、「タオル、手に持ってるから、手を叩いても音がしない!」と
焦る・・スラロームで手を叩けないっと焦る。
これだけのことを考えながら、イオスに指示を出していた自分に驚く。
『タオル、手に持って走るって・・何してるの?』って思ったと何人にも言われる。
なぜ、タオルを置こうと思っただけで、置く行動をしなかったのか自分でも不思議。
スタートから2こ目がロングジャンプで大型犬にはキツイなとか
スラロームに入れる角度がもろにリンク脇の犬が見える位置だからまずいとか
ぼーっとしていた。
まずは自分の身のことをちゃんとしなくては。

AG
スラ以外はほぼパーフェクト。
ハードルは1つ通り越してしまったのは母のコマンドが一瞬遅れたから。
で、それを「こい」で逆飛びさせたのはわざとだから、ミスにはならない。
あそこでイオスを正しい位置に誘導したら、その途中で逸走される可能性があったから
失格でいいので、跳ばせて、集中をきらしたくなかった。
この対応がベストだとは思わないけど・・
皆が失敗したトラップもクリア。
ホントにイオスって、反応がよくて、理解力バツグンだなと改めて思う。
そのイオスがスラが出来ないのはわからないんじゃなくて、
同じ動きを繰り返す集中力がないんだと思う。
そしてスラロームは体を動かそうとしなかった。
大型犬のイオスはかなり細かい動きを要求されるけど、それが面倒って感じだった。

JP・AGとも見てた人には「よかったじゃない」と言ってもらえた。
スラロームはJPでは抜けるまえまで、きちんとリズムを刻めて、スピードもあった。
最後の1本は母が「もうイケル」と思って「スラ」の声を掛けなかったか?
その瞬間「タオルで手拍子の音が出ない」と思ったことしか覚えてない。

かなり紛らわしい箇所も母の呼び込みに反応してくれる。
スラロームさえできれば・・・
どうするのかはイオスは完全に理解してるんだけど、最後まで同じリズムが取れない。
集中力も問題?
スラが楽しくないのは確実なんで、楽しくなる様にするにはどうしたらいいのか?
褒めて褒めて、数をこなせばいいのか?

ちょっとスラロームのセットが欲しくなった母です。

2017年9月8日金曜日

イオス&ソフィア 20170908

約1か月ぶりのレッスンです。
暑さに負けてほとんど自宅練習していなかったソフィアですが
1才年下のパピ―達がレッスン開始して、頑張ってるのを見聞きして、反省。
ここ1週間、毎日少しづつだけど、練習してます。
そして、その練習には、頼んでもいないのにイオスが参加してきます。
理想はソフィアの練習中はイオスは臥座か停座で待てなんだけど、、、、
なんかイオスが寂しいんじゃないかって思えて、ソフィアの後ろでこっそり座ったり
臥せたり、立ったりしてるのを褒めてオヤツもあげてる。。
一度、停座で待たせたら、ちゃんと待てできたんだけど・・・
ソフィアがまだまだムリなんだよなぁ。
そうすると、イオスがかわいそうになってしまう母。
幸い、ソフィアは気にせず自分のやることに集中するから、当分このままいこうと思う。

イオス
ほぼ、ノーミスでクリア。
1走目はふら~~っと行きかけたが、呼び戻しに何事もなかったように戻ってきた。
課題のスラローム。
本日はノーガード。。1走目はクリア。2走目は2回目でクリア。3走目も2回目でクリア。
抜けたのはいずれも最後のポールなので、最後に気を抜いた母の誘導が悪かったと思う。
他は特に問題ないとのことだった。
タッチでご褒美をあげるときは、食べ負わるまで待つこと。
上手く行きすぎて、むしろ明後日の練習会が心配。

ソフィア
脚側行進常歩・速歩
離れそうになったら、母が後ろに「素早く」下がる。
飛びあがって下がるぐらいな感じで。。。
ソフィアは慌てて戻ってきた。
イオスは・・・びっくりして母を見つめていたような記憶がある・・・・。
離れないという意識が薄くなり「離れてしまった」ことに気が付かせるのが目的。
「離れてはいけない」ことが理解できてるからソフィアはすぐに戻ってくる。
課目実施中は離れないように意識を持たせるようにするため、
離れたら・・というより離れかけたタイミングで行うこと。
座れ⇒臥せ⇒立て⇒座れ
立てだけが次のコマンドまで立ち続けることが出来ない。
立った瞬間に褒めないでしばらくしてから褒める。
立つ位置がずれてしまうのも気になるが、いまのところは立ち続けること優先。
招呼
OKです。
真正面に来た段階で褒めるのを忘れない。
常歩行進中の停座・臥座
超高い壁にぶち当たり中。
反対にこれさえできれば何でも行ける気がする。
これさえできれば・・CDⅡは問題ない!ぐらいの気持ち。
停座の反応が前より早くなった。
座ったら、母は前に行かなくていいから、すぐにソフィアの後ろを回ってもどり
褒め倒す。(課目としては前に行かなくてはいけないけど、座ること重視)
臥座
え~~~っとぉ、臥せなの?ここで臥せ?な感じのソフィア。
「臥せ」のコマンドを出したら、ソフィアが臥せるまでソフィアの周りを
「臥せ」と言いながらまわり続ける。
母が左側に戻ってから褒め倒す。
2周目ぐらいで臥せたから、以前よりましかな。

ホントに出来るようになるのか?とまで思っていた行進中の停座が
5ミリぐらいは進歩した気がする。
基礎訓練はやっぱり「飼い主の根気次第」ってことを思い知った。


関係ないけど・・・記念写真の報酬に群がる兄妹




2017年8月30日水曜日

同胎再会 2日め

翌朝、昨日の疲れを見せない茶々丸くんとソフィアでしたが
流石にちょびっと電池切れを起こしました。
警戒心なく、うとうとしてる姿をみると、同胎っていいなぁなんて思ったり。

我が家のようにくつろぐソフィア 


茶々丸くんのおにぃちゃんクッキーくんとむりやりスリーショット
イオスは高原の散歩を楽しみ、
ソフィアは茶々丸くんととランを楽しんでいるうちに、のぼり家が再合流。
ランチは高原のカフェに連れて行ってもらいました。

今回は主役の座を明け渡していた不憫な?イオスも足元でくつろぎます。

カフェJ&N

看板犬のまろくん
 名残り惜しいけど、ここで先に帰路につきました。
同胎の再会の企画をしてくれただけでなく
初対面の我が家をお泊りさせてくれた茶々丸家、本当にお世話になりました。

お気に入りの写真や動画もいっぱいで載せきれないよ~。

茶々丸ままさんが撮ってくれた疾走する4匹。
この子たちは走ってる姿がいちばん綺麗。

この写真を見たときに、パピー写真に似たような構図のがあったのを思い出し
探し出しました。
たぶん、お里のHPにあったんだと思う・・・・。



感無量・・・・です。


2017年8月29日火曜日

同胎再会

8月も残り少なくなったけど、待ちに待ったイベント。
ソフィアの同胎たちとの再会。
ソフィアは6匹兄妹。
女の子は穂高ちゃん、のぼりちゃん、ソフィア、
男の子はアリステくん、茶々丸くん、ジェットくん。

たぶん左端がソフィア

連絡が取れているうち、今回は女子全員と茶々丸くんの4匹が再会します。
6匹の血統書名を繋げると、
「己に打ち勝つのことが最も偉大な勝利である」と言うプラトンの格言になってます。
パパ犬さん(とアリステくん)の保護者さんが同胎たちがそれぞれのおうちに行ったあとも
繋がっていますようにと願いを込め、兄弟全員で一つの格言になるように考えてくれました。
その願いとおり、偶然もともと知り合いだったとか、偶然ランで会ったとか
とにかく、手繰り寄せるように連絡がついて行きました。

会場は茶々丸くんのおうちです。
平日なので、通勤ラッシュを避けるために6時出発。
なのに・・なに?この渋滞。
こんな朝早くから自動車通勤する人いっぱいなの?
日本人ってホントによく働くよね。
JCTでの渋滞を避けるための国道ルートだったのにその国道で渋滞に嵌る。。
後から聞くと、平日だろうが、休日だろうがその時間には渋滞だって。
環状道が完成すればいいんだけど。

このつまずきにもかかわらず、高速が順調で、時間調整SA、諏訪に9時半に到着。
流石に平日。大型犬のランは貸切なので、少し走って、集合写真の練習。



人間もコーヒータイム。
お土産にするチーズアントルメも無事購入。
時間に余裕もあるので、諏訪湖畔のえびす屋で「わかさぎの唐揚げ」購入。
途中で穂高ちゃんと待ち合わせ、
もう一人のお姉ちゃんのぼりちゃんちに迎えに来てもらい、いよいよ茶々丸君ちへ。

穂高ちゃんとは1月の雪合宿以来。
のぼりちゃんと茶々丸くんとは2匹がお里を出て以来かな。
くんくん・・・あっ思い出した!


あっという間に、パピーみたいに遊びだした。
イオスは大人げなく、人様のおうちにおじゃましてるのに、態度が大きいので
テラスで待機です。






保護者たちはテラスでバーベキューと茶々丸母の手料理を頂きました。


 デザートも。(チーズアントルメ+のぼり母てづくりのいちじくのコンポート、梨)

夕方まで遊び倒し、疲れたころを見計らって、記念撮影。
穂高(そうなること)ソフィア(一番、はじめに来ること)茶々丸(打ち勝つ)のぼり(勝利)
()内は血統書名の意味です。アリステの血統書名は(ベストとか素晴らしい)意味になるそう。

その夜は茶々丸家にお泊りさせてもらいました。
絶対に疲れているはずの茶々丸とソフィアなのに、
人が寝るためにケージで寝かせるまでワンプロでした。


2017年8月27日日曜日

車載バリケン完成

サイズと風とおりがいいということでワイヤーケージにしたイオスのバリケン。
ワイヤーケージなんで、四方八方見通しが良すぎ。
水泳合宿に行ったときは、走行中・車待機でしか使用していないので
それほど問題ではなかったけど、スクールではハッチを開けっ放しなので
三方の外が見えるのは、やはり落ち着かないなぁということと
直射日光が当たってしまうので
目隠し・遮光ができるようにすだれでも買おうとおもって百均に行って来ました。
ちかごろの百均はすごいよね。
手ごろなものがありました。
90㎝*90㎝の遮光カーテン。
ケージの長辺は91㎝だからぴったりでは。
ハトメ穴が空いているので結束バンドで止めれば、簡単に装着できそう。
四方囲うつもりだったけど、短辺の方にうまくつけれるかわからないのと
全方位囲うのもなぁ~なのでとりあえず3枚購入。
結束バンドで簡単につきました。


心配だった短辺も折り返しただけでいい感じになった。
やっぱり四方囲って、空けたいところを巻き上げておくようにしよう~

もう夏も終わりだけど売っていたら書い足し。
無ければ来夏まで持ちこしになります。
そうそう、車全体を覆う遮光シートも購入。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01FW25SI4/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1
アジ大会で見るのより廉価版でテント用だけど、
近郊の大会だけにしか出ないから、真夏になることも、一日になることも少ないから
これで十分だと思う。

2017年8月21日月曜日

知育玩具

そういえば・・ソフィアにはいわゆる知育玩具を与えていなかったことをふと思い出す。
イオスはお留守番がフリーだったから(今思えば、ケージ留守番になぜあれほど抵抗があったのかふしぎだが)知育玩具とかオヤツを入れたペットボトルをいくつも置いて出かけたりした。

夏の長雨でお散歩に行けないか、行けても超短縮版だったりなので
ふと、思い出したのだった。
思い出したから、イオスのお古やらを取り出してきた。

先ずはペットボトル。
パコパコ音を出したら、逃げていった。
せっかく作ったのに・・と思って「イオス~~遊ぶ?」ってあげたら・・
逃げて行ったくせに、ソッコウで戻ってきて奪っていった。
ちなみにオヤツが入っていることに気が付かないソフィアだった。


video

イオスがかわいそうなので、円盤型のオヤツを取り出すおもちゃ投入。
イオスが喜んで転がしながらフードを食べていたら、
じっと見ていたソフィアは、ペットボトルを放り出し戻ってきて、奪っていった。

video

イオスがフードを食べているのを見てたから、中に入っていることは知っている。
だけど、おもちゃを独り占めしたい気持ちが強いから、咥えたまま。
でも、フードは食べたい。。
ジレンマなお嬢。
そして、フードを出す方法もいまいちわかってないお嬢。
穴を大きくしてあげたから、ちょっと動かせばでてくるんだけど
どうも、転がした⇒フードがでてくる がわからない。
とうとう、強硬手段にでた。
齧りだした・・・・・。
よって、強制終了。

ん?お嬢、意外に頭わるいのか?
イオスはすぐに関連性に気が付いたのに。

ちなみに、紙コップを三つ並べた宝探しは・・
お嬢・・いきなり紙コップをなぎ倒し、紙コップを咥えて自慢げ。
オヤツには気が付かず、でした。

2017年8月17日木曜日

兄妹テレパシー

お嬢様。
見事な擦り傷です。
鼻の毛が削れてます。
鼻のキズも気になるけど、なんでこ~なったのかもっと気になった母です。
家中、点検して廻りました。
一応、被害なしです。
思うに、留守番ケージの上に、Jr.がうっかり置いたタオルが引き込まれていたので
タオルを引き込もうとケージの隙間に鼻を突っ込んだのではと。


ところで・・FBでリポートしたら
同胎の兄たちの保護者二人から
「うちも、最近やっちゃった」とおなじような写真が送られてきました。
保護者の「まったく、この兄妹は・・・」の嘆きをよそに
なぜか3匹とも笑顔。
テレパシーでも飛んでるのかなぁ。

この胎はブリーダーさん曰く
「子犬の時からスタミナがあって、8週過ぎの遊んでて行き倒れる時期でさえ
 行き倒れることなく、延々と遊んでいた」
すごく納得な母です。

この胎は6匹で5匹は写真を見ているのですが、
ちょっと上がり気味のアーモンド型の目がそっくりなんです。
性格は超ハイパー犬のパパとおっとりママ、それぞれの血にわかれるみたいです。
ソフィアはパパ派。

イオスの兄弟は1匹も見つけることが出来なかったから、
同胎の成長を見れるのはとても楽しいです。

いつか、ママとパパと兄妹たち全員で家族写真が撮れるといいなぁ。

2017年8月15日火曜日

とうとう花が咲きました。

2011年7月に我が家の庭に来たキンカン。
その2年前つまり2009年の冬にデパ地下で売られていた実から取った種から
会社の同僚が発芽させ育てた苗だったんだよね。
https://bonteneoslily.blogspot.jp/2011/07/blog-post_06.html

https://1.bp.blogspot.com/-PEIPnZMlsxU/ThRHvLS5MUI/AAAAAAAAAJQ/VWpAOIJ7y7E/s1600/110706_063426.jpg

それが、とうとう花をつけました。


2017年8月。
デパ地下を出て、8年と6か月??
母の肩ぐらいまで大きくなった。
もう花も実もつかないかと思ったんだけど、ようやく咲いてくれた。
実はまだならないかもしれないけど、綺麗な白い花を見れてよかった。
発芽させた同僚にも報告せねば。




2017年8月14日月曜日

おもちゃ発掘

試練の水泳レッスンからくたくたで帰宅したソフィアを待ち受けていた試練。
「知らないやつが家にずかずか入ってきた」
水泳レッスンから帰ってきたら、Jr.が急に帰省してきました。
鼻にシワをよせて唸るソフィアと喜んでまとわりつくイオス。
力づく?でだっこされて、「わたしはいない」と魂を飛ばすソフィア。
しかし~~
イオスがJr.に甘えて、Jr.がイオスをなぜまくっているのを眺めているうちに
「あたちがいちばん」魂に火がついたらしい。
「おにぃちゃんより、あたちの方がかわいい。」
「おにぃちゃんをかわいがってるひとがわたちに気がついて、
 わたちの方がかわいいって言わないと気が済まない」
で・・
video

そして昼間も気が向けば、遊んでくれる「いいおもちゃ」が来たことに気が付いた。
そのうえ
「イオスに買ったのにまったく受けなかったおもちゃ」を発掘してもらった。


これをとっても気に入ったみたいで、Jr.は「新しいおもちゃをくれた人」認定。
もう愛想振りまくってたソフィア。
せっかく「執事」が帰ってきたのに、イオスがはじかれてるみたいで不憫。
でも、本日、帰京。

冬休みまで、目の前の利益しかみてないこのお嬢さんはちゃんと覚えてるだろうか。